Top » Profile

Profile

橋本ルシア フラメンコ舞踊研究所 舞踊団代表

東京大学文学部哲学科卒業。メルチェ・エスメラルダ、ローリー・フローレス、ラ・トレアに師事しながら新宿ACホールにて3年間レギュラー出演。その空間で様々な実験的創作フラメンコ舞踊公演を行い、1983年連続公演終了後スペイン留学、スペインではマノレーテ、エルグィート、シロー、ロシオなどに師事。スペイン留学中マノレーテから、スペイン巡回公演に誘われるが滞在期間の調整できず帰国。1989年来日したマノレーテとリサイタルを行う。その後ホセ・ルイス・ポンセとリサイタルを行い、単独のリサイタルでは「赤と緑の幻想」「アルバセーテの匕首」などを上演。<以下年譜参照>


2004年9月「フラメンコ、この愛しきこころ-フラメンコの精髄-」を上梓。                            

2007年8月「フラメンコ読本」(晶文社」)の中で「バイレとは何か」を執筆。

 

    フラメンコ舞踊家  

               

 
  1979/6-   1980/11新宿ACホール 企画・構成レギュラー出演(68回)
  1981/11"芸人たちの午後"舞踏、マイムとのジョイント公演

  1980/11-1983/3

新宿NCホール 企画・構成レギュラー出演(112回)
  1981/2青山タワーホール ラテンとのジョイント公演 出演
  1981/4第1回 春のフェリアin新宿 企画・構成・演出・出演
  1981/10第1回 秋のフェリアin新宿 企画・構成・演出・出演
  1982/4第2回 春のフェリアin新宿 企画・構成・演出・出演
  1982/5"芸人たちの午後" Part2 ジョイント公演
  1982/10第2回 秋のフェリアin新宿 企画・構成・演出・出演

  1982/3-    1982/10

  

 <橋本ルシア 創作フラメンコ 連続8回公演>
第1回「死者の書」(折口信夫より)
第2回「春」(ボッティチェルリより)
第3回「山吹」(泉鏡花より)
第4回「月と死神」(ロルカより)
第5回「病めるバラ」(ブレイクより)
第6回「真夏の夜の夢」(シェイクスピアより)
第7回「葵の上」
第8回「万葉の挽歌」より

1984/4/12橋本ルシア フラメンコ リサイタル
1987/10/26橋本ルシア フラメンコ リサイタル「赤と緑の幻想」
1988/8/5博品館劇場選抜 スペイン舞踊フェスティバル出演
1989/10/7-9橋本ルシア フラメンコ リサイタル「青の幻想」
マレノーテ
1991/10/18橋本ルシア フラメンコ リサイタル「アルバセーテの匕首」
1992/10/26橋本ルシア フラメンコ リサイタル「アイ・アモール」
ホセ・ルイス・ポンセ
その他の公演、ライブ、タブラオ出演総数は数え切れない。
1993-2002各地ライブ出演、公演出演、自らのスタジオライブの構成・監修・レクチュアーなどをする一方でフラメンコ舞踊研究所では、後進の指導に専念
2003/12/7

橋本ルシア フラメンコリサイタル 「エータ・カリーナ」

ーフラメンコのアルケーを求めてー

2006/3/12

橋本ルシア テアトロライブ2006 「ヘレスの友と」

ホアン・オガジャ、アルフレッド・ラゴス、ダヴィ・ラゴス 他

2007/1-2スペイン滞在(仕事)
2007/3再渡西(仕事)
2007/7「フラメンコ読本」(晶文社)フラメンコ、特にバイレについて執筆中の一部が対談形式で収録。
2007/7

 駿河台大学文化研究所主催の橋本ルシアの講演「フラメンコを生きる」が 駿河台大学発行の書籍に収録。(2006年12月6日に行われた駿河台大学での講演会は市民の方々、学生で大教室はいっぱいとなり、面白い質疑応答などもあり大盛況のうちに終了しました。終了後も市民の方々から熱いメッセージをいただきました。)

2007/11/23

 -全労済ホール/スペース・ゼロ提携公演-
橋本ルシア テアトロライブ2007
「風が見える時」Cuando he visto el viento
ホアン ・オガジャ、アルフレッド・ラゴス、ダビ・ラゴス、
メルチョーラ・オルテガ、アギラール・デ・へレス
2003年より始まったテアトロライブ3部作を完成させる。
 

 ルシア・ハシモト

 

 

アルフレッド・ラゴス           ダヴィ・ラゴス

 

 

2008/3スペイン滞在
2008/4富山市にて講演
「フラメンコを生きる」
主催 富山新聞 婦人懇話会

2009/2-3

スペイン滞在

2010/6/7-13非公開舞台の1週間に渡る舞台撮影。「月華独舞」
 

※ 2009年のジェルバブエナの踊り方が2007年の「Cuando he  visto el viento」で私が踊った踊り方と同じであったのには驚かされた。内面的質の相違はあるにせよ、それは不思議な感じでもあり、喜ばしくもあった。2007年の私の踊りは完全に私の創造的振付であったので。もちろん、フラメンコ プーロである。

※そして、あらためてマリオ・マジャを讃える。彼の作品はその大きさと深みにおいて他の追随を許さぬと同時に今なお新鮮である。(彼は私の師でもある) さらに、「食べるのは大変だけど、喜びがある」と言いながら魂を揺さぶる歌を歌い、踊り、奏でる人々に対しては敬意を表する。


 

<スタジオ・ライブ>

スタジオ エルアイレ(東京・JR高円寺)では主に「カンテの夕べ」を中心にライブを行っています。
 -カンテ(歌)はスペイン人-  <お問い合わせ>スタジオ エルアイレ 03-3336-6066

                     <スタジオ エルアイレ 総務事務局>



ースタジオ エルアイレ フィエスタ フラメンカ  (Vol.1ーVol.7)   

出演者:高野香子  大橋 薫  阿瀬見美月  奥山 知美  安田友紀  神津 菜緒子 他                                                         

                                

 ライブに出演した主なアルティスタ  (スタジオ エルアイレ)
カンテアギラール・デ・ヘレス
ホセ・デ・ラ・マルガラ
加藤直敬
川島桂子
大橋範子
ギタークラウディオ・ボオルケス
住田政男
鈴木 尚
金田 豊
研究公演

現在、なかのゼロ大ホール、セシオン・杉並などが中心的活動の場となっています。

研究公演に出演した主なアルティスタ
カンテホセ・ミゲール・セロ(チキ)
アギラール・デ・ヘレス
ミゲル・デ・バダホス
ホセ・デ・ラ・マルガラ
加藤直敬
ギター住田政男
三澤勝弘
金田 豊
リサイタル
リサイタルに出演した主なアルティスタ
バイレマノレーテ
ホセ・ルイス・ポンセ
ホアン・オガジャ
カンテダビ・ラゴス
マヌエル・デ・ラ・マレナ
メルチョーラ・オルテガ
ミゲル・デ・バダホス
アギラール・デ・ヘレス
アントニオ・サンルーカル
ホセ・デ・ラ・マルガラ
クーロ・バルデぺーニャ
ギターアルフレッド・ラゴス
アンヘル・ルイス
住田政男
鈴木英夫
三澤勝弘
高橋道生

 

Perfil de Lucia Hashimoto

Se graduo del Departamento de Filosofia de la Facultad de Letras de Tokio Universidad .
Aprendio Flamenco bajo la direccion de Merche Esmeralda, Loli Flores,
La Tolea, Mario Maya, Toleo, Adrian Garia y Angelita Vargas.
Cuando estudiaba en Espana, aprendia principalmente bajo la direccion de Manolete, Cirro, Rocio y El Guito.

2003 Fue galardonada con el Premio Internacional de Arte y Cultura.
2003 Obtuvo el Ph.D (Doctrado) en Arte Flamenco

-Sus principales carreras artisticas -

 

1979/6-1980/11Participo consecutivamente el planeamiento, produccion y actuacion en el SHINJUKU AC Hall. (68 veces)
1981/11Actuo en una representacion conjunta del Baile y Pantomina de la obra "La Tarde de los Artistas"
1980/11-1983/3Participo consecutivamente en el planeamiento, produccion y actuacion en el SHINJUKU NC Hall (112 veces)
1981/2Realizo una actuacion conjunta con Musica Latina en AOYAMA TOWER HALL.
1981/4Tuvo lugar "La Primera Feria de Primavera en SHINJUKU" donde Lucia participo en el planeamiento, produccion, direccion y actuacion.
1981/10Tuvo lugar "La Primera Feria de Otono en SHINJUKU "donde Lucia, participo en el planeamiento, produccion, direccion y actuacion.
1982/4Tuvo lugar "La Segunda Feria de Primavera en SHINJUKU" donde Lucia participo en el planeamiento, produccion, direccion y actuaccion.
1982/5Realizo una actuacion conjunta titulada "La Tarde de los Artisitas", segunda parte.
1982/10Tuvo lugar la Segunda Feria de Otono en SHINJUKU donde Luicia participo en el planeamiento, produccion, direccion y actuacion.
1982/3-1982/10Realizo 8 funciones seguidas del Flamenco, Creacion original de Lucia Hashimoto.
"El Libro de los Muertos" (por Shinobu Origuchi)
"La Primavera" (por Botticelli)
"Rosa Amarilla" (por Kyoka Izumi)
"La Luna y la Muerte" (por Lorca)
"Rosa Enferma" (por Blake)
"El Sueno de una noche de verano" (por Shakespeare)
"Aoi no ue"
"Elegia de Manyo"
1984Inauguro el Instituto de Baile Flamenco de Lucia Hashimoto.
1984/4/12Se realizo (el primer) Recital de Flamenco, Lucia Hashimoto
1987/10/26Tuvo lugar (el segundo) Recital de Flamenco, Lucia Hashimoto "Ilusion de Rojo y Verde"
1988/8/5Lucia seleccionada y actuo en el Teatro HAKUHINKAN.
1989/10/7-9Presento el recital de Flamenco Lucia Hashimoto con Manolete,"Ilusion de Azul" obra incluida en el Festival de Arte del Departamento de Asuntos Culturales de Japon
1991/10/18Organizo el Recital de Flamenco. Lucia Hashimoto, "Punal de Albacete"
1992/10/26Realizo el Recital de Flamenco Lucia Hashimoto con Jose Luis Ponce, "Ay, Amor
1993-2002

Realizo varias actuaciones en vivo y representaciones en distintos lugares de Japon. Al mismo tiempo que estructuraba supervisaba, y daba clases en su propio estudio, se dedico ensenar y formar a sus alumnos en su Instituto del Baile Flameco.

Los numeros de sus participaciones en presentaciones, actuaciones en vivo en tablas son innumerables.

- La obra Principal -
" Esencia del Flamenco - el alma del flamenco" por Lucia Hashimoto

- El video principal -
"Eta Carina- el origen de Flameante" protagonizada por Lucia Hashimoto

"Con los Jerezanos"
"Cuando he visto el viento"

2003/12/7Presento el recital de Flamenco Lucia Hashimoto "Eta Carina-el origen de Flameante"
2006/3/12Presento el recital de Flamenco Lucia Hashimoto "Con los Jerezanos"
2007/11/23Presento el recital de Flamenco Lucia Hashimoto "Cuando he visto el viento"
 

     Lucia  Hashimoto

 

 

     Alfred Lagos                    David  Lagos

2010/6/7-13El rodaje en el teatro (una semana )   El solo de Lucia Hashimoto 「El solo de luna」(4 obras)